読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gravitation

好きなものの話と自分のこと

限界オタクがネカフェ泊した話

f:id:kamiyatakeru:20170405180220p:plain

 田舎の自称限界オタクが遠征でホテル代をケチってネカフェに泊まっただけのどうでもいい話です。

 

 どうも、最近ついに生まれて初めて救急車で運ばれてしまったタケルです。その話はまた今度。

 

 まずは経緯から。

 色々あって2年半住んだ都会から実家の田舎に逃げ帰ってきて早くも半年、ついに 宿泊を前提とした遠征計画(朝から映画を見て昼から帰りのバス時間ギリギリまでイベントに参加)を立ててしまった私は、いかに安く都会に泊まるかを模索していました。

 

 そんな時に思い立ったのが「ネカフェで徹夜すりゃいいんじゃね?」でした。

 仕事を辞めて鬱が極まっていた時期、暇を潰すために近所のネットカフェに入り浸って漫画を読み漁っていたことを思い出したのです。あとそこには別料金でシャワールームがあったこともついでに思い出しました。

 

 PCで「ネットカフェ 宿泊」で検索すると似たようなレポ記事が出てくる出てくる。某サイトで目星をつけていた一泊5000円のビジネスホテルをかなぐり捨て、その案を採用することにしました。

 

 

 そして当日。

 日付が変わるまで久々にカラオケで熱唱し、重くて古いキャリーケースを引きずりながら人気のない駅周辺を縦断して目的のネットカフェへ。

 カウンターで「シャワールーム使いたいんですけど」と伝えるとちょうど空いていたらしくすぐに鍵を貰って使うことができました。

f:id:kamiyatakeru:20170405180209p:plain

 間取りはこんなカンジ。でっかいキャリーケースを寝かせて置いても割とスペースに余裕があったので想像よりずっと広かったです。

 ドライヤーとバスタオルは無料(シャワールームの料金に含まれてる?)、シャンプーや歯磨きセットなどの備品は有料だったのであらかじめ旅行用の小さいのを買って持って行きました。

 

 シャワーを浴びて髪を乾かし、鍵とタオルを返してPCのある個室へ。個室って言ってもパーテーションで区切られてるだけなんでトイレみたいなモンですよね。遅めの晩ご飯にビーフストロガノフ食べました。おいしいよねビーフストロガノフ。

 

 私は寝るつもりは毛頭ありませんでしたが翌日は映画やイベントでずっと座りっぱなしになるだろうと考え、寝転がることができるマット席を選びました。

 周囲からは寝息やいびきが聞こえてきて、扉に鍵もかけられないのにみんなよく眠れるなと考えながらスマホを充電しつつAmazonプライム仮面ライダーとか見てました。

 でも私のように少しざわざわしていたり人の気配があったほうが落ち着くような人間にとっては結構心地のいい空間でした。実際寝転がった時に10分くらいは寝てしまった気がします。

 

 そうして夜を明かし、朝ご飯にパンケーキを食べ、着替えて化粧をし、忘れ物がないか入念に確認してネカフェを出ました。これでお値段が2800円ポッキリ(8時間パック料金+シャワールーム代+ビーフストロガノフ+パンケーキ)。

 ちなみにau Walletの持ち合わせがあったのでそれで支払いました。ポイントついてそれとなくお得なんですよ。回し者ではないです。

 

 結論として。

 ネカフェ泊を推奨することはできないですが、宿泊費を浮かしたいなら手段としてアリです。推奨できない理由としては

・扉に鍵がかからないので安全性が保障できない

・両隣は薄い壁を隔てて高確率で人がいるので息を潜めざるを得ない

あたりがあるからです。それでも全然大丈夫です寝られます!って強い人には推奨します。私は一切責任を持ちませんが。

 

 個人的には次の日は眠くなることもなく(それでも帰る頃にはヘトヘトでしたが)、映画もイベントも全力で楽しむことができました。推し俳優と目が合ったし最高でした。久々に生きててよかったと思えました。

 

 こういう文を書くのすごい久々な気がするんですけど難しいですね。これからもっと自分のことを書きたいので精進します。それではまた何かありましたら。