読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gravitation

好きなものの話と自分のこと

仮面ライダーアマゾンズ(TV版)感想(2016/10/27)

f:id:kamiyatakeru:20170106131144j:plain

BS朝日放送版の仮面ライダーアマゾンズを今更ながら全話視聴したのでブログの再開がてら感想をば。見方の偏った個人の見解です

 簡潔に言うと今の日曜朝でできないものを詰め込むとこんなものができるんだぁ、すげえなぁ(白目)ってカンジでした  そしてグロい


ただやはり「仮面ライダー」である必要はないのでは、という一抹の心残り

公式様が「仮面ライダー」と言えば仮面ライダーなのは揺るぎない事実なのですが某Pの発言と言い、ただのネームバリューだったのが如何とも。
いくら完成度が高くても全く新しい特撮作品のシリーズとして確立させるのはやはり博打が過ぎるんですかね。

 

f:id:kamiyatakeru:20170106131312j:plain

f:id:kamiyatakeru:20170106131333j:plain

そんなことは置いておいて私が声を大にして推していきたいのはマモルくんの存在です。マモちゃんです。マモちゃんはいいぞ。

個人的本年度ヒロインオブザイヤーに輝きました。
その他ノミネートは『マクロスΔ』のフレイア・ヴィオンちゃんや『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』のオルガ・イツカちゃん、『シン・ゴジラ』のカヨコ様などでした。とてもどうでもいい

彼すごいんですよ。ヒロインなんですよ。

最近の萌えアニメにいるようなちょっと頭ユルい系の「みんな仲良くしようよぉ…ふぇえ…」な子かと思いきや駆除班の一員としてしっかり虫(=同胞)を狩り、しっかり戦力として戦っている。
なおかつ自分の所属する群れ(=駆除班)を何より大切にする。

だからこそ11話のシーンに説得力が生まれるし、ハンバーガーを美味しくないと投げ出すシーンで悪寒が走るし、葛藤と「美味しかった」の悲しみが強く伝わってくる。

「戦う」「野性的」「主人公と仲間達を繋ぐ存在」「罪(闇)を背負う」そんないくつもの要素が重なって生まれたマモルくんというハイブリッドヒロイン、大切にすべきだと思います。舌なめずりはめっちゃエロかったです

何なら今後のニチアサヒロインに逆輸入したっていいと思います。しようよ。戦う女の子が見たいんだよこっちは。


マモルくんと言えば駆除班ですが最初の頃は「こんなにいちゃ名前覚えらんねぇよ」だったのが2ndシーズン製作決定予告で「ア゙ア゙ッ;;;平和な駆除班;;;;;」と嗚咽を漏らす次第です。

正直仕事の無い日にアジトで1日ダラダラ過ごす駆除班とかめっちゃ見たいです。

マモルくんが食人衝動を抑えられないとしても「戻ってこい」と言える(特に三崎くん)のは一重にくぐり抜けてきた死線の賜物だと思うと無理駆除班めっちゃ尊いじゃねえか。そういう積み重ねに弱い。

マモルくんと望ちゃんの組み合わせが特に好きです。ヤンキーくんとメガネちゃんみたいなアトモスフィアを感じます。


鷹山仁のキャラのブレなさには目を見張るものがあったというか、鋭さと闇と狂気と劇薬を混ぜたらああいう形になるんだろうなとか、何回殺しても死ななそうなあたりが最高でした。語彙力が無くて申し訳ない

Ωとの最終決戦は戦いの方向性は全く違えどクウガを想起させました。叫び方がもはや人のそれではなくて凄まじかった

ガワデザイン的にもα派です。
赤いボディはよい


悠はまぁ、最終的に意思は固まったし不殺とか言い出すよりはまだマシだったんじゃないですかね。ちゃんと覚悟完了したのは好きです。
あと割と人間社会に未練がないあたりも。

そこらへん考慮すると何だかんだで悠もそんなにウジウジ系では無かったのではとこれを書きながら思ったりする。


美月ちゃんと七羽さんはそれぞれ非戦闘とサポートで役割が分かれててなおかつ一線を超える(=戦いに乱入して要らぬ怪我をする等)が無くてすごく良かったです。
美月ちゃんは悠と再会できるのだろうか


大まかな感想はそのぐらいで、あとは

・アマゾンシグマ
設定が死ぬほど性癖に刺さるので再登場して欲しいけど無理かなと思いつつ待ってます
・怪人
怪人デザインはモグラアマゾンも好きですが一番はモズアマゾンです。可愛いよねモズ。
・グロい
ビチャビチャァァ
ニチアサの火花に慣れた女児には刺激が強い血飛沫、吹き飛ぶ首、そして貫通腹パン。
貫通腹パンが一番の衝撃でした。ジョジョでしか見たことねぇよあんなん
・人肉ハンバーグ
見る前からTwitterで噂は聞いていたのでそんなに衝撃は無かったですが食人衝動とカニバリズムをしっかり描写してそれを終盤のマモルくんに繋げる流れ最高です。


強く逞しく美しい、そして紆余曲折で洗練された素晴らしい作品でした。
あとこのご時世でもまだこんな過激で苛烈なものが見られるんだという謎の安心感。よい子は見ちゃダメ
2ndシーズン楽しみに待ってます。
マモルくんは…いいぞ…