gravitation

好きなものの話と自分のこと

ケイ素系オフ会について(2015/12/5)

f:id:kamiyatakeru:20170106130903j:plain

楽園は楽園だった  何を言ってるかわからねーと思うが俺も何が起こっているのかわからなかった

 正直言うと残り話数も少ないし、後半も後半に参戦した甲洋と操は戦闘以外のシーンはあんまり描写されないんだろうな、こりゃ脳内補完するしかねぇと思ってました

しかしファフナーはそんな無情な作品ではないことを改めて思い知らされました

甲洋と操が会話しただけでも嬉しくてのたうち回るレベルなのに操と織姫ちゃんのコアコンビが仲良しなところ見せつけられたらもう飛び散ったカケラばらばらになるしかないですよ  楽園はここにあったんですよ

まず操と甲洋があまり仲良しじゃなくてすごく可愛い  そりゃそうだよなお前ら一騎打ちしたもんな…遺恨が残ってるの最高すぎます
「前のコアと戦ったからかな」とかサラッとやっぱりあの日の彼ではないことを示すセリフを入れるテクニカルっぷり
ちゃっかりショコラをけしかける甲洋もすごく人間味があってよかったです

そしてショコラをけしかけられてたまらず織姫ちゃんにすがり付く操!!それを拒否らない織姫ちゃん!!どっちも天使!!!!
織姫ちゃんに馴れ馴れしいとか変とか言われて嬉しそうな操は多分言葉の真意を理解してるんじゃないかなー織姫ちゃんもそれを踏まえて言ってるんじゃないかなー可愛いなー
「あなたコアよ。自分も戦う気?」はボレアリオスだけじゃなく操の身も案じてのセリフなのかなと深読みしてしまいます  今の操はボレアリオスのフェストゥム達全部を背負ってうまれたんだもんな…
私も織姫ちゃんにジト目とあの声で「褒めてない」って言われたいです!!!!

ケイ素系オフ会に遅れて参加の皆城総士はやっぱりみんなのリーダーってカンジでいいですね
枯れた笹の葉やカノンの帽子を見て一瞬とてつもなく悲しい顔をするのがすごく切ないですが、時を経て甲洋と笑顔で会話する姿がとても暖かいです  あの頃はこんな日が来るなんて想像もできなかった
「ねぇそーしぃ、俺にも言ってよぉ」の操が!!頼りにされたいんだな!!甘えたさんだな!!マジ天使だな!!ヒロイン!!
困った顔する総士もくっっそ可愛いです  何かもう弟か息子ができた感覚だよね

操が前線で戦うのは反対派だったんですが操がそれを望むなら…いいよ…(モンペババア並感)
むしろ誰の助言も受けず(美羽ちゃんとの約束と条件はあるとしても)完全に自分で竜宮島を守りたいと決めてくれたことが喜ばしいです
来主操まじケイ素系エンジェル
あっでもそうなるとやっぱドライツェンに乗るのかな…

あと操には一騎と会話して一騎カレー食べて欲しいんですが叶うかな…一騎早く帰ってこい…